2012年08月27日

SEO対策は、サイト制作者が行うべきでしょうか? 
WEBマスター(サイト運営管理者)が行うべきでしょうか?
それとも、外部のSEO業者に委託すべきでしょうか?

SEOTOOLSは、『SEO対策は、サイト制作者+WEBマスター+事業企画者全員が行う』 べきことだと考えています。


なぜならSEO対策は、事業企画が立ち上がったところから始まっているからです。

(1) 事業企画者(商材のキーワードの調査、選定。競合サイトの調査)

(2) サイト制作者(SEOに適したサイトの設計)

(3) WEBマスター(SEOに適した有用な情報ページの作成、外部リンクの獲得)


後から外部のSEO業者に委託すればいい、という考えでは、適切な対策が難しくなる上、結果的に大きなコストがかかります。


「SEOは自分の担当ではない。そもそもSEOなんてしたことがない。」では、結局、誰一人やらない事になってしまいがちです。

SEO自体が新しい技術であるため、誰も経験が無くて当然です。

SEOは決して難しいものではなく、基本的なSEO対策は簡単な入門書を読めば即実践できるものばかりです。
まずは企画者からWEBマスターまで、「自分が意識すべきこと」と心に決めましょう。


企画から運営まで、一連のSEOをスムーズに行うためには、サイト制作は自社内で行いたいものです。

それが難しい場合は、外注の際にWEB制作業者と、SEOを意識したサイト設計についてじっくり相談される事をお勧め致します。