2012年08月28日

独自ドメインを取得したら、次はウェブサーバが必要になります。

各自で構築することも可能ですが、ウェブサーバを自分で管理・運営するのはメンテナンスやセキュリティ対策など、難しい作業が多く、また手間もかかり大変です。サポート体制の整ったレンタルサーバを利用するのが効率的と言えるでしょう。


各運営会社が提供するレンタルサーバは、プランやサービス内容が複数あります。
それぞれ使用できる機能が異なりますので、あとになって「使いたかったサービスがない!」ということがないように、あらかじめ「企業(個人)ホームページを作りたい」「本格的なECサイトを立ち上げたい」などの目的に合わせたサーバを選ぶようにしてください。


それぞれのサイトのテーマに合わせたサーバ選びのポイントをご紹介します。

(1) 基本的な機能
  • CGI
  • DB(データベース)
  • スパムフィルタ
  • SSL(データ送受信暗号化)

上記の4つは、まず視野に入れると良いでしょう。どのようなサイトにもほぼ必須の機能です。
サイトを運営する上でCGI、DBの使い道は多いです。またスパムフィルタ、SSLは安全なサイト管理に役立ちます。


(2) ECサイトなら
  • 基本的な機能
  • ショッピングカート機能
  • クレジットカード決済システム

メールフォームでのやりとりで通販を行うのは非効率的だと言えます。
ECサイトを運営するには、カート機能とカード決済システムの搭載は必須でしょう。
これらの準備が可能なサーバを選ぶようにしてください。



(3) それ以外にも
  • 管理できるメールアドレス数
  • マルチドメインの可否
  • サブドメインの可否
  • サーバ容量5GB以上

これは必須というわけではありませんが、気にしておくと便利な条件です。

特にサーバ容量に関しては、サイトが発展するに従ってページや機能を増やしたりと、必要な容量は増える一方です。後で足りなくて困るということがないよう、ある程度余裕を持って選ぶと良いでしょう。

次にサーバの機能とは別になりますが、サーバを選ぶ上で気にかけておいた方が良い項目を説明します。
サーバの運営・管理を行っていくにあたって必要なポイントです。




◆サポートの重要性

レンタルサーバの場合は、特に詳しい知識や技術がなくともサービス会社が安定してサーバを運用してくれますが、不慮のトラブルや障害が起こらないとは限りません。

例としてECサイトやアフィリエイトブログの場合を考えてみましょう。

サーバに障害が起こりサイトにアクセスできなくなってしまうと、その間の収益が失われるのはもちろんですが、せっかく検索エンジンから訪問してくれたユーザのアクセスをも取り逃がしてしまうことになります。

SEOの観点からも、クローラーが巡回してきた際にサーバがダウンしていれば、インデックスされず検索結果にも反映されません。

どのようなサーバでもこのリスクはゼロにすることはできません。
だからこそ、サーバのサポート窓口が夜間や休日でも受け付けているのか? 電話でのサポートはあるのか? 迅速に対応してもらえるのか? といった項目は重要なサーバ選びのポイントとなるのです。



◆転送量

転送量とは、サーバから呼び出されるデータ量のことです。
サイトにアクセスしたり、メールを送受信した場合、サーバとクライアントPCでデータのやり取りが行われます。
この際に移動するデータの量を転送量と言います。

画像を多用したり、phpなどで動的なページを生成しているサイトでは、PVに対して転送量は多くなりがちです。

例えば1ページ20KBのページで月間10,000PVだった場合、転送量は20KB×10,000回で約200MBになりますが、100KBの画像がひとつ追加されれば120KB×10,000回で約1.2GBもの転送量になってしまいます。

多くのレンタルサーバではこの転送量に上限が設けられているか、またそれを超過した場合には追加の金額が発生するかという形式です。
一方で転送量無制限だというサーバもあり、こちらでは文字通り無制限に転送量を確保することができます。
画像やphpを多く使用するサイト、あるいは月間100万PV、1,000万PVにも届く様な人気サイトの場合、転送量制限の有無はサーバを選ぶ重要なポイントになります。

しかしレンタルサーバの場合、ひとつのサーバの中に複数のユーザがいますので、極度に他のユーザの回線を圧迫するような転送量の場合、制限がかけられる場合もあります。

あらかじめ大体の転送量が分かっている場合、サービス会社に問い合わせて確認しておくとよいでしょう。



次は
「サーバーの種類」をお読みください。





サイトを起ち上げる際に最初に必要となるものがドメインです。

ドメインとはサイトの住所のようなものであり、これがなくてはウェブサイトにアクセスできません。


プロバイダーから提供される無料のホームページスペースやブログサービスを利用すると、 「http://www.example.com/~seotools/」「http://seotools.example.com/」 といった形でアドレスが提供されますが、ここではオリジナルのものが作れる独自ドメインをお勧めします。


★【独自ドメインのメリットとは】

  1. 企業名、商品名、サービス名をドメイン名にすると、ユーザーに覚えてもらいやすい。
  2. 取得したドメインは自分のホームページは勿論、メールアドレスにも使用できる。
  3. プロバイダやサーバの移転を行っても、サイトのURLやメールアドレスを変更する必要がない。


独自ドメインのメリットは多々ありますが、中でも「1.」はSEOを行っていく上でも重要な意味を持ちます。

独自ドメイン名自体も検索エンジンのキーワード検索対象になりますので、サイト内キーワードと関連のあるドメイン名を設定すれば検索エンジン利用者の目にも止まり易くなります。


ドメインを新規に取得したばかりでは多数のサブドメインサイトに埋もれてしまい、検索エンジンからの評価は低くなりがちです。
しかし継続的に更新・SEO対策をすることで、様々な評価を上げていくことが可能です。

独自ドメイン取得は安定した長期運営に繋がり、高い結果を得るための第一歩です。



次は
「サーバーを用意する」を読んでください。

2012年08月27日

検索エンジンは、サイトの歴史も評価の要素の1つとしています。そのため、開設されたばかりのサイトよりも、長く使われているサイトの方が高く評価される傾向にあります。

よって、一度取得したドメインやサイトのURLはなるべく変更せず長く使用した方が、SEO対策において効果があるといえるでしょう。

実際にYahoo!・Google検索結果ページのうち、上位サイトほどドメインを取得した時期が古い傾向にあることがわかります。


ドメインとは、ブラウザの「http://www.example.com/」の「example.com」の部分です。

これはインターネット上の住所のようなもので、同じものは世界に2つとありません。

 ドメインの取得は先着順となっており、基本的に先に取得した人がいた場合は、後から申請しても取得できません。

そして、URLとは、ドメインを含めた「http://www.example.com/」や、「http://www.example.com/aaa.html」など、ページ単位の具体的な場所を示すものです。



強調タグとは、<title>、<meta>、<h1>、<h2>、<h3>など、HTMLの中で重要な項目とされるタグです。

また、<title>、<meta>に関しては、検索結果にそのまま表示されるため、他のタグより記述内容が重要と言えます。
SEO対策では、SEOキーワードをこれらのタグ内に記述することが重要です。

headタグ内に埋め込む「description」「keyword」のメタタグはSEOに特に有効とされています。



「description」タグ

「description」タグとは、サイト紹介(要約)文を、検索エンジン及び検索ユーザーに伝えるメタタグです。 このタグに記述した文章がGoogleの検索一覧のページタイトルの下の説明文として表示されます。


「keyword」タグ

「keyword」タグとは、サイト内の重要なキーワードを検索エンジンに伝えるメタタグです。ブラウザで普通に閲覧することはできませんが、タグ内に上位表示させたいキーワードを含めると、ロボットはそのページのテーマを示す情報として読み取ります



◆効果は?

キーワードを含んだメタタグが記述されていることで、どれだけのSEO効果があるのでしょうか。

SEO効果については軽視されがちで、最近では検索エンジンが無視するという説が支配的なメタタグですが、Yahoo!・Google検索結果ページのうち、上位~下位ページまで、8割強のページがキーワードを含んだメタタグを設置している事実(2009年2月調査)があります。
特に上位ページの実施率は高く、SEO以外のメリットも多いため、この対策の実施を強くお勧めします。



キーワード率とは、SEOを行うWEBページ内の全体の単語総数に占める重要キーワードの割合を意味します。    

キーワードは、ページ内にて一定回数使用する必要があり、検索エンジンはその単語の出現回数を相対的に見て、どの程度重要であるか判断します。


◆総単語数とは?

ページ本文中に存在する単語の数です。同一単語の重複もカウントして考えます。
総単語数とは、文章をこのように単語分解し、その単語の合計数を指します。


単語分解の例

総|単語|数|とは|、|文章|を|この|よう|に|単語|分解|し|、|その|単語|の|合計|数|を|指し|ます|。



この場合、総単語数は23語となります。

検索エンジンは、これら総単語の組み合わせや比率からそのページのテーマを論理的に判断します。

ページに含まれる本文が少なかったり、Flashや画像を多用したサイトでは、読み取れる情報が少なく、テーマの判断が難しくなるため、最低限300語以上の単語数を含めるようにしましょう。

検索上位のページはこの総単語数が多く、十分な情報を有している傾向にあります。

この総単語数と上位表示させたいキーワードの割合が、検索結果の順位に大きく影響します。上位サイトの場合、総単語数が500語以上、そのうちキーワード出現率は4%ほどであることが多いようです。


◆効果は?

確かな情報量を確保し、キーワード率を上げることで、検索エンジンから高い評価を得ることができます。しかし、SEO対策に重点を置きすぎてしまうと人間には読みづらい文章になってしまうので注意が必要です。

キーワードの出現率はあまり厳密に調整する必要はなく、あくまで「一定量含んでいる」ことが重要です。

総単語数が少ない場合はキーワード出現率を高くし、逆に総単語数が多い場合は、SEOキーワードを複数設定するなどケースに応じた調整を行う事が望ましいでしょう。



被リンク数とは、自分のページに得たリンクの数を指します。

検索エンジンは、他のサイトからのリンクと、コンテンツの充実をサイト評価の指標としています。 つまり、被リンクが多いページは、イコール、価値の高いページと判断されるのです。

ただし、全てのリンクが評価されるわけではありません。 被リンクには二つのタイプがあります。

それは「内部リンク」と「外部リンク」です。

SEO効果の見込めるリンクとは
 <a href="http://~">キーワードを含むテキスト</a> というHTMLソースコードでリンクされ、アンカーテキストに検索キーワードが含まれているものです。


基礎知識ですが、とても重要なので意識しておきましょう。

ちなみに、バナー画像などのイメージを使ったリンクの場合は、HTMLソース内にalt属性という代替テキストを設定することができるので、そこに検索キーワードが含まれるようすることが望ましいでしょう。


内部リンク

内部リンクとは、同一サイト内の他ページから張られるリンクを指します。


外部リンク

外部リンクとは、IPアドレスが重複しないページから張られるリンクを指します。



◆効果は?

被リンク数を増やすと、どのような影響が出るのでしょうか。

内部、外部からの被リンク数を増やすことでサイトが充実していると判断され、検索エンジンからの評価が上がります(代表的な例を挙げれば、Googleのページランクがそうです)。

検索エンジンからの評価とSEOは密接な関係があるので、検索エンジンからの評価の向上はそのまま検索順位の上昇につながると言えます。



◆ドメイン分散とは?

検索エンジンは同数の被リンクであれば同一ドメインのものより、分散したドメインのものを評価する傾向があります。ドメイン分散により運営が異なるサイトからの被リンクを多く持っていると判断され、評価につながります。




◆IPアドレス分散とは?
上記「ドメイン分散」の項でも述べたとおり、運営が異なるサイトから被リンクを得ていることは検索エンジンから評価されます。
さらにIPが異なるということはドメインよりも確実に運営が異なることを示しており、より多くの異なるサイトから評価を受けていると判断されます。




インデックスとは、WebページがYahoo!、Googleといった大手検索エンジンのロボット型検索エンジン(のクローラー)がインターネット上のWebページを収集しデータベースに保存した索引です。

 インデックス数とはそのインデックスされたページ数をいいます。

Webページはインデックスされた時点で初めて検索対象にされ、検索結果に表示されるようになります。
そのため、検索エンジンからの集客を最大限生かすためには、例えば100ページあるサイトの場合は、100ページ全てインデックスされるのが理想です。

ここで重要なのが、インデックス数(サイトの規模)はSEOにとって大変強力な武器になるということです。

競合激しいビッグキーワードにおいて、上位表示されているサイトを当ツールで解析してみてください。

なんと数千件、数万件のページを有するサイトが軒を連ねています。
単純な話、自前でこれだけのページを所有する事が出来れば、外部リンク獲得に奔走する必要もないのです。

 もちろん、そういった大規模サイトを 実現するためには優れた事業企画とシステム化のコストが必要となりますが、インデックス数が多ければ多いほど有効である事は否定の出来ない事実です。



◆効果は?

インデックスを増やすメリットは3つあります。
インデックス数はいわば軍勢です。

サイト内被リンクの増加により、トップページの評価が増す。

自らが運営するサイトであるため、被リンクを自由に張れる点が大きなメリットです。例えば50,000ページ有するサイトであれば、トップページに50.000リンクを張ることができます。



リンクをもらうページが増えれば、サイト全体の評価が増す。

トップページではなく、末端のページに掲載した情報が話題を集め、多くの被リンクを得た場合でも、トップページを含むドメイン内全体のページも評価される傾向にあります。



それぞれのページが別々のキーワードで検索にかかるため、集客力が増す。

インデックス数を増やし、ページごとに力を持たせることによって、様々な検索ワードからでも上位に表示される可能性が増します。



トラフィックランキングとは、Amazon社傘下の Alexa Internet, Inc. によって提供されている、WEB上のアクセス(トラフィック)のランキング情報です。

 Amazon社は有料でこれらの情報の提供を行っており、当ツールでは、そのうち「トラフィックランク」「訪問者数」「ページビュー」情報を購入して表示しています。

なおこれらの情報は、Alexaが無料で提供しているAlexaツールバーをインストールすると、そのユーザのアクセス状況がAlexa社に送信され、それらを統計したものです。

したがって、これらの情報は、Alexaツールバーをインストールしているユーザの利用状況の統計情報となり、日本人のみの統計や、初心者ユーザ、一般ユーザの利用状況とは必ずしも一致しないと考えられます。
 ただ、運営者以外が特定のWEBサイトのトラフィック量を知る数少ない手段の1つとして、活用していく価値は十分にあります。

  • 「トラフィックランク」は、トラフィック量を多い順に世界中のサイトをランキングしたものです。
  • 「訪問者数」は、Alexa統計上、100万人中の何人がそのサイトにアクセスしたのかを示します。
  • 「ページビュー」は、アクセスする一人あたり、そのサイト下のページを何ページ閲覧したかを示します。


ページランクとは、Googleにより算出された各Webページの重要度の指数です。公式には、Googleツールバーに表示される点数表示機能をいい、 表示中のサイトのページランクがツールバーに表示されます。その点数はページの価値や信頼性を示しています。 つまり、ページランクが高いページほど、Google検索エンジンに重要視されていると考えられます。

ページランクは、主にそのサイトの被リンクの質と量により決定されます。 よりページランクの高いページから、より多くのリンクを獲得したサイトに、高いページランクが付与される仕組みです。



◆効果は?

さて、高いページランクのサイトからリンクをもらうと、ページランクが上がることは前述しましたが、実際に検索順位には影響するのでしょうか?

ページランクと検索順位は非常に酷似した仕組みを持っています。
それは、リンクの繋がりからページの評価を決定する点です。

「より信頼性の高いサイトから、より多くのリンクを 得ていること」がページランクの評価基準であり、それはSEOにおける外部リンク評価と極めて近いロジックです。

そのため、SEO効果の可視化という点で、ページランクは大変有用となります。

SEOにおける外部リンクの重要なルールは、より評価の高いサイトからの外部リンクを得ることです。

つまり、ページランクの高いサイトからの被リンクを集めれば、効率的な外部リンク対策ができるでしょう。



検索順位とは、Yahoo!、Google等の検索エンジンの検索結果に表示されるサイトの表示の順番を指します。

SEO(サーチエンジン最適化 Search Engine Optimization)とは、この検索順位を上げ、検索結果の上位に表示させることにより、多くの検索ユーザーをサイトに誘導するWebマーケティング手法です。 特に1~3番目は、大体のPC環境で画面をスクロールせずに目につくファーストビューですから、SEO対策では1~3番目に自サイトを表示させることが重要です。

SEO業者は10位以内を上位表示サイトと定義するところが多いようですが、1位と5位ではクリックされる回数に8倍もの差があるといわれています。